KNBテレビ 緊急地震速報 2008年10月1日スタート

KNBではどう伝えるか?

KNBでは、テレビラジオを通じて「緊急地震速報」について、以下のようにお伝えします。

テレビ・ラジオ共通の考え方
「緊急地震速報」は、規模の大きな地震が発生した場合に、被害をより少なくするための警報であることから、KNBでは気象庁の発表に基づいて、無編集で可及的速やかに放送します。
「緊急地震速報」は、KNBの放送エリアの富山県に発表された場合に、極めて重要な情報であることから速報として放送します。
速報の基準は全国どこかで「最大震度5弱以上」と推定される地震が発生して、富山県のどこかで「震度4以上」の揺れが予想される場合です。
富山県以外の地域に「緊急地震速報」が発表されても、富山県で震度4以上の揺れが想定されない場合、KNBでは速報しません。ただ震度が観測された場合、テレビラジオでこれまで通り全国の地震震度をお伝えします。
テレビでは
放送中は、通常番組・コマーシャル・提供告知を問わず、速やかに警報音のついた字幕情報として放送します。報道番組中は、アナウンサーが緊急地震速報の発表をアナウンスする場合があります。
ラジオでは
テレビと同様、放送中は通常番組、コマーシャル、提供告知を問わず、番組を中断して、警報音と地震が発生した旨のコメントが自動的に流れます。ラジオをお聞きの皆さんに強いインパクトを与えることになります。
このため、例えば運転中のドライバーの急ブレーキなどによって、交通事故が起こるなど、「伝えることから生じる二次被害」が想定されます。
KNBでは、このホームページのほかにも、ラジオ番組や告知などで、緊急地震速報が発表された場合の、対処の方法などをお知らせしていきます。